照井君!

thumb_inbox_6008e6r67o67oooror7ll67ek6e6e6ek5.jpg
photo027e68e655ie66io56o66lk4ww455w4yw455w4uu4w.jpg
photo03ue68r7ioooo7l7rk445wuw5yw55y65euieiekew.jpg
photo04uw57e655i7rio75eke6w5w4y6ur7i7e5kek5w4jw4.jpg
photo05yuw57e568eii6i6ekokk56jw445y6e5e5iei6ekw4.jpg
photo06y57e657eeu56i6i6e6k5ke56k56j53q43qyqw45uww4.jpg
photo07u6eiu5ii566e5kek56j5w4y55eiei6i6e556kw4jw4.jpg
photo08uw45u7e56ie6i6ie5666ek5564w4w5jw5wwkwkw.jpg
photo01uwu7e565iikeek6k6lek56ww5yr6e5ei6e5e5kjww5hw.jpg
photo09yw5787r6iroor7rllr66l7mw4jw455w45hyw4kjw.jpg
photo10ywu7e655iei6i6ek6ke56k56w45455ue56i666ek6jwq.jpg
http://natalie.mu/music/pp/hanazawakana06
2012年4月、シングル「星空☆ディスティネーション」で個人名義の音楽活動をスタートさせた花澤香菜は、以降も声優として多忙な日々を送りながら、意欲的に楽曲制作とライブ活動を重ねてきた。これまでの作品でもさまざまなジャンルを取り入れながら特徴的な声を生かした音楽を作り上げてきたが、3rdアルバム「Blue Avenue」ではジャズ、フュージョン、AORといった新たなジャンルを取り込み、さらにはSwing Out Sisterとのコラボレーションにも挑戦している。ディスコグラフィとライブ経験の積み重ねに比例して、ますます音楽に対する喜びと好奇心を高めている彼女。インタビューではアルバム「Blue Avenue」の話題を軸に、音楽への思いを語ってもらった。取材・文 / 臼杵成晃
お、発売するゥーんだ!

CDOq43zVEAAbImc7w5e56e5ie5i6e6eo56e56kw45uy.jpg
http://natalie.mu/music/news/145119
B'zが広島東洋カープ・黒田博樹投手の入場テーマとして書き下ろした新曲「RED」が、6月10日に彼らのニューシングルとしてリリースされることが決定した。カープのイメージカラーをタイトルに冠したこの曲は、バンジョーによるイントロが印象的な熱いロックチューン。ジャケットデザインもタイトルどおりの赤を貴重としたものとなっている。今回のシングルCDは1曲入り。初回限定盤付属DVDには、現在開催中の全国ツアー「B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」の横浜アリーナ公演のライブ映像と撮り下ろし映像で構成された「RED」のミュージックビデオが収められる。さらに、CDとオリジナルリストバンドが封入された“RED”ケース仕様の「赤盤」も発売される。
よっしゃ!円盤出るやんけ!

news_xlarge_furuyakenji_Stairway_jkueyu7rir6kr6kw4j6w.jpg
http://natalie.mu/music/news/145000
降谷建志のソロアルバムが完成。このアルバムの発売に先駆け、完全生産限定シングル「Stairway」を5月20日にリリースする。「"Everything Becomes The Music" ‐すべては音楽になる‐」をスローガンに掲げ、3月に配信シングル「Swallow Dive」でソロ活動をスタートさせた降谷。「Stairway」は彼にとってソロ名義で2作目、初のパッケージ作品となる。シングルには、同じ場所を回っているように見えて実は着実に上へと進んでいる“らせん階段”のような日常の営みをテーマに作られた表題曲と、カップリング曲「Skin & Bones」の2曲が収められる。なお作詞作曲はもちろん、すべての楽器の演奏、さらにはアートワークも降谷自身が手掛けている。シングルは完全生産限定盤で、シリアル番号入り紙ジャケット仕様。加えて降谷がデザインしたロゴステッカーも封入される。
news_xlarge_mwamzeebrahead_outofcontrol_limited76e5u5jw5jw.jpg
news_xlarge_mwamzeebrahead_outofcontrol_normaluw767e56i5w4.jpg
news_xlarge_manwithamission_zeebrahead_art201504ue6eike.jpg
news_xlarge_MWAM_Zebraue7675eiiku4u4y6e56uekw.jpg
http://natalie.mu/music/news/144712
5月20日にリリースされるMAN WITH A MISSIONとZebraheadのスプリット盤「Out of Control」の全貌が明らかになった。CDには「PUNK SPRING 2015」でのコラボパフォーマンスが話題を呼んだ共作曲「Out of Control」に、それぞれの新曲と、MWAMの人気曲「database」にZebraheadのAliがラップで参加した「database feat. Ali(Zebrahead)」を加えた5トラックが収録される。MWAMの新曲「The Cure」はドン・ギルモアがプロデュースを手がけた楽曲で、5月30日公開の映画「新宿スワン」の挿入歌に使用されるナンバー。Zebraheadは「Lockjaw」「Blue Light Special」の2曲を書き下ろしている。
news_xlarge_noda_rarirureron_coveru66i65e5e6kw45u.jpg
news_xlarge_toirenopieta_201504_002uw5676e57i5i4wu.jpg
http://natalie.mu/music/news/144356
野田洋次郎(RADWIMPS)が初のエッセイ本「ラリルレ論」を5月16日に刊行する。この書籍は昨年のRAWDIMPSの全国ツアー「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」の最中、野田が執筆していた日記を元に構成されたもの。彼の恋愛観、死生観、音楽への思い、世界で起きているニュースに対する考察などが独自の文体でつづられている。また6月6日に公開される、野田にとって映画初出演・初主演となる作品「トイレのピエタ」のオファーを松永大司監督から受け、出演を決意するまでの心境も語られる。野田はこの書籍について「作詞とはまたまったく違う、脳内旅行体験をすることができました」とコメントしている。なお、「ラリルレ論」の発売日と同じ5月16日には映画「トイレのピエタ」の原作小説も刊行される。この小説は松永監督自らが執筆した作品で、マンガ家の手塚治虫が亡くなる3週間前まで病床で書いていた日記を原案としている。
news_xlarge_spitz_yukikaze_jk7ue67e5iei5i6e6w4uw55w4y54.jpg
news_xlarge_spitz_art201503wu7757i5eie6u4w5u5w4iw4.jpg
http://natalie.mu/music/news/144201
本日4月15日にiTunes Store、レコチョクでリリースされたスピッツの新曲「雪風」の配信ジャケットが解禁となった。今回のビジュアルは小さな町の夜景とその背後にそびえる雪山の風景を切り取ったもの。これは草野マサムネ(Vo, G)が数年前に訪れた場所の風景で、同地の印象的な景色を今回のビジュアルに使用できないかという草野の思いから、彼自身が撮影した写真などをヒントに草野の思い描くイメージに近い写真が採用された。
素晴らしい

https://instagram.com/p/1VhFdvKMf1/
11085209_1612656282302641_350285840_n.jpg
news_xlarge_showanotvdouyoue6eu5ike6ek565w4ue65i.jpg
news_xlarge_9784907583453_PT01ue68e56ik6e56uw45u4wiw.jpg
news_xlarge_9784907583453_PT02u6r7oeku5w5wuw4.jpg
http://natalie.mu/music/news/143783
子供向け番組から生まれたキッズソングの歴史を追う書籍「昭和のテレビ童謡クロニクル『ひらけ ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで」が、本日4月10日にDU BOOKSから発売された。この本は「ひらけ!ポンキッキ」の楽曲制作や「ピッカピカ音楽館」の音楽プロデュースを手がけ、“テレビ童謡”からヒット曲を量産した元ポニーキャニオンの学芸担当ディレクター・小島豊美に、そのキャリアについてインタビューしたもの。日本最大のヒット曲「およげ!たいやきくん」や、「山口さんちのツトム君」「ホネホネ・ロック」「パタパタママ」など500曲以上が生まれた舞台裏を、小島へのインタビューと膨大な資料、そして証言者のコメントからあぶり出していく。日本の音楽史においてこれまでほとんど語られてこなかった“テレビ童謡”の裏側が、約400ページのボリュームでまとめられている。本書には「およげ!たいやきくん」の作曲家である佐瀬寿一や、「ひらけ!ポンキッキ」のスポットで洋楽やパンク、アバンギャルド音楽、タモリの曲などを流した音響選曲担当・長谷川龍、「ピッカピカ音楽館」の音楽プロデューサーを務めたダディ竹千代こと加治木剛へのインタビューも掲載。さらに、プロデューサーとして有名になる前の佐久間正英に「ひらけ!ポンキッキ」の音楽プロデュースの仕事を紹介した四人囃子マネージャーの内田宣政にもインタビューを実施し、当時のロックシーンと「ひらけ!ポンキッキ」の関わりを明らかにしている。
blackboxlogo0408y6ueii566ek5ke56jw345y4wu45w.jpg
CCD9qH_UoAATWr77e6e5iiek56kw45545yw5w4i4w.jpg
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=783#
https://twitter.com/parco_art/status/585746853276192768/photo/1

薮田修身がMr.Childrenの素顔を捉えた写真展、開催決定!薮田修身写真展 BLACK BOX-unpainted face of Mr.Children-

大盛りを注文し、半分ぐらい食べた所で目の前にあったニラを入れたンゴ。凄く美味かったンゴwwww

CB0Q_u1UIAA205K7e8e5r6io67o676lor76lk6444wkw.jpg
CB0REGoVIAEJdPJuw67r67io6eyw34yw345y5y5w4iww4.jpg


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域