神いわゆるゴッド

news_header_maaya0425_01u686r587r6o67k4w5y.jpg
bf6fb11fa43263570f07d1bdd53d6a1776ir6ir76lk4yw45w4u4.jpg
news_xlarge_maaya0425_02u67587r6ii7or7r6o6kw45wu4.jpg
news-1504252300-0037e568ei655kw45ywwiw5.jpg
news-1504252300-004ue687r6ir6ir7i7o667kwj4.jpg
2uerir67i7r7kr66jw445yw4y6ue57ri77ike445gw45w.jpg
http://natalie.mu/music/news/145507
坂本真綾が昨日4月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナにてスペシャルライブ「坂本真綾 20周年記念LIVE "FOLLOW ME"」を開催した。1996年4月24日にシングル「約束はいらない」で歌手デビューを果たした真綾。20周年のアニバーサリーイヤー突入を記念して行われた昨日のライブでは、新旧のレパートリーを織り交ぜた3時間以上のステージが繰り広げられた。さいたまスーパーアリーナは彼女にとって過去最大規模のライブ会場で、場内には全国から約1万8000人のファンが集結。来場時には1人ひとりにリストバンド型のFreFlowが配布されており、オープニングSEに合わせてアリーナとスタンドが真っ白な光に包まれると大きなどよめきが起こった。そして1曲目のイントロとともに真綾がステージへ。アニバーサリーライブは「幸せについて私が知っている5つの方法」「マジックナンバー」「スクラップ~別れの詩」と疾走感あふれるナンバー3連発で幕を開けた。「たった1日限りのお祭りに来てくれてありがとうございます。よく来たねえ、こんなにたくさん……ホントに」と観客に感謝の言葉を述べた真綾は、20年分の楽曲からセットリストを絞り込むのに苦労したことを明かし、大きなため息を1つつく。「ため息もこんなに大きく聞こえるんだね」と改めて会場の大きさを実感した彼女は客席を見渡しながら「さあ、始まっちゃいましたね。始まったらもう終わるだけなんだよね。このときを楽しみながら最後まで歌いたいと思います。今日はみんな楽しんでいってください!」と呼びかけた。続くブロックではFreFlowを使った光の演出に加え、ステージ背面を巨大なスクリーンに見立てた映像演出も。「色彩」では真綾の影が大きく浮かび上がり、「tune the rainbow」では照明とスクリーン映像がFreFlowとリンクして美しい虹色を作り出した。サイリウムなどを使用しないのが彼女のライブの通例となっているが、1万8000人が作り出す光の演出には真綾も思わず大興奮。またステージ奥から棒状のものを取り出すと、点滅のコントロールが制御されたFreFlowを意のままに操って楽しんだ。そして客席を一面真っ赤に染め上げたところで、真綾はバンドメンバーの中から今堀恒雄(G)、扇谷研人(Key)、三沢泉(Perc)の3人だけを引き連れて花道を渡り、アリーナ中央に設置されたセンターステージへと移動。アコースティックな小編成で初期のナンバー「パイロット」「指輪」「奇跡の海」を歌い上げた。再びメインステージに戻ってフルメンバーで「Coming up」を披露すると、真綾は一旦ステージ袖へ。暗転ののちステージ上のグランドピアノに照明が当たると、そこには猫耳を付けた菅野よう子の姿が。真綾のデビューから9年間、プロデューサーとして二人三脚で歩んできた菅野は「夜明けのオクターブ」「うちゅうひこうしのうた」「紅茶」「バイク」など自身が手がけたナンバーをピアノ演奏によるメドレーでつなげていく。さらには真綾が彼女のプロデュースを離れたあと、初めて作ったオリジナルナンバー「evertwhere」などを挟みながら、最後に演奏されたデビュー曲「約束はいらない」では観客を促し、1万8000人の合唱がさいたまスーパーアリーナに鳴り響いた。そして真綾が再びステージに姿を現すと、菅野はそのまま力強く鍵盤を叩き「約束はいらない」のイントロを鳴らす。菅野を加えたバンド演奏に大歓声が沸き上がった。続けて「プラチナ」を歌うと、真綾は「この人が私にデビューをくれた人です」と菅野を紹介。そして「どんな曲を一緒にやろうかと考えたとき、この曲だけは絶対にやる、とすぐに決めた曲があります。菅野さんとレコーディングしたときとはまた違った歌が歌えるんじゃないかなという気持ちで、彼女のピアノで歌わなければ歌わねばならない曲があります」と話すと、現時点で最後に菅野がプロデュースを手がけたアルバム「少年アリス」から「光あれ」を披露した。菅野が去ったあとの後半戦は「トライアングラー」「レプリカ」「マメシバ」など新旧の多彩なナンバーを畳み掛け、「……それで結局、私が言いたいことは、最後の曲に詰まっています」とつぶやくと、最後に自身が作詞・作曲を手がけた音楽讃歌「シンガーソングライター」を熱唱。観客との大合唱でステージ本編を締めくくった。
66A7984-1024x683ue6eeir76o6776lr7jw45wjw4.jpg
bb89273c94dd2715e05e6d263c9465e3.jpg
839110c4447c9da65e06052bab0185a6.jpg
6ae027801db7e8a765f7c3bef9f0eb61.jpg
DSC85067y6ee7ii7r6r6krk767kw44w55w45y45uw4iw4.jpg
http://www.cddata-mag.com/article/live/2015/04/26/13/40/29
今年デビュー20周年を迎えた坂本真綾が4/25(土)、さいたまスーパーアリーナで「20周年記念 LIVE“FOLLOW ME”」を開催。1万8000人の観客の前で、デビュー曲「約束はいらない」から新曲「これから」(アニメ「たまゆら〜卒業写真〜」主題歌)まで、シンガーとしてのキャリアを網羅するようなステージを見せた。ライブは最新シングル「幸せについて私が知っている5つの方法」からスタート。観客に配布されたリストバンド型ライトの白い光、坂本の凛とした高音がひとつになり、心地よい高揚感が生み出される。さらに「マジックナンバー」「ループ」などの代表曲を次々と披露し、「1日限りのお祭り」(坂本)を盛り上げていく。ライブ中盤からは、スペシャルライブならではの演出もたっぷり。まずは坂本のデビューのきっかけをつくり、その後、約10年弱に渡ってプロデュースを担当した菅野よう子が登場。坂本へ提供した曲をピアノメドレーで演奏した後、坂本とともにデビュー曲「約束はいらない」をコラボレーション。また「菅野さんと絶対にやりたいと思った曲」という「光あれ」におけるエモーショナルなボーカルも強く心に響いた。「これからだよ!」という坂本の言葉とともにライブは後半へ。ヒット曲「トライアングラー」から「私が言いたいことは最後の曲に詰まっています」という「シンガーソングライター」まで、アーティスト・坂本真綾の魅力が濃色された楽曲が重ねられ、会場全体を大きな感動で包み込んだ。アンコールではまず、トリビュートアルバム『REQUEST』にも参加したthe band apartとともに「Be mine!」をセッション。さらに「eternal return」の前にはアルバム『You can‘t catch me』のツアーのオープニング映像のリメイクバージョンが流され、お蔵入りとなっていた2階建てバスのオブジェが登場。このサプライズは坂本本人も知らず、「してやられた〜」と涙を見せていた。「こんなに支えていただいてありがとう。10年後、20年後も思い出す、いい1日になりました」というMCに導かれた「ポケットを空にして」でライブは終了。ここからスタートする20周年イヤーへの期待が高まる素晴らしいライブだった。(取材・文/森朋之)
11175027_679435688868624_6361839416871785302_n7e568i5w.jpg
坂本真綾 20周年記念LIVE "FOLLOW ME"
2015年4月25日 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

01. 幸せについて私が知っている5つの方法
02. マジックナンバー
03. スクラップ~別れの詩
04. ループ
05. SAVED.
06. 色彩
07. tune the rainbow
08. パイロット
09. 指輪
10. 奇跡の海
11. Coming up
12. ピアノメドレー / 菅野よう子
13. 約束はいらない / 坂本真綾+菅野よう子
14. プラチナ / 坂本真綾+菅野よう子
15. 光あれ / 坂本真綾+菅野よう子
16. トライアングラー
17. ヘミソフィア
18. レプリカ
19. マメシバ
20. おかえりなさい
21. 風待ちジェット
22. シンガーソングライター
<アンコール>
23. 約束はいらない / the band apart
24. Be mine! / 坂本真綾+the band apart
25. そのままでいいんだ / 坂本真綾+菅野よう子
26. Eternal return
27. これから
28. ポケットを空にして / 坂本真綾+菅野よう子+the band apart
スポンサーサイト