上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

news_xlarge_noda_rarirureron_coveru66i65e5e6kw45u.jpg
news_xlarge_toirenopieta_201504_002uw5676e57i5i4wu.jpg
http://natalie.mu/music/news/144356
野田洋次郎(RADWIMPS)が初のエッセイ本「ラリルレ論」を5月16日に刊行する。この書籍は昨年のRAWDIMPSの全国ツアー「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」の最中、野田が執筆していた日記を元に構成されたもの。彼の恋愛観、死生観、音楽への思い、世界で起きているニュースに対する考察などが独自の文体でつづられている。また6月6日に公開される、野田にとって映画初出演・初主演となる作品「トイレのピエタ」のオファーを松永大司監督から受け、出演を決意するまでの心境も語られる。野田はこの書籍について「作詞とはまたまったく違う、脳内旅行体験をすることができました」とコメントしている。なお、「ラリルレ論」の発売日と同じ5月16日には映画「トイレのピエタ」の原作小説も刊行される。この小説は松永監督自らが執筆した作品で、マンガ家の手塚治虫が亡くなる3週間前まで病床で書いていた日記を原案としている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。