上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つい4年前には「You Can't Catch Me(捕まえられるもんなら捕まえてみろよwww)」とか言っていた模様

147c41bd8a4bbcc320d8902b34801ffe.jpg
LINE公式アカウントのアーティストへのインタビュー第7回は、声優としても高い評価を集める坂本真綾。1996年4月のデビューから20周年を迎える今年、1月28日にはニューシングル『幸せについて私が知っている5つの方法/色彩』をリリースする。同作のテーマでもある“幸福感”や、さいたまスーパーアリーナで行う20周年記念ライブ“FOLLOW ME”、お気に入りのクリエイターズスタンプなどについて話を聞いた。
: 今年4月からデビュー20周年イヤーに突入されますが、15周年記念のベストアルバム『everywhere』から今日に至るまでの5年間は、全国ツアーがあり、プライベートでの結婚もあり、アルバム『シンガーソングライター』では文字通り全曲の作詞・作曲を手がけられたりと濃密な時間だったと思います。振り返ってみて如何ですか。
坂本: デビューが16歳だったので学業を優先して、前半の頃はリリースの頻度も2年ぶりのシングルとかあった気もしますけど、割とマイペースで、スローペースだったんですよね。一人のプロデューサーのもとで、慣れた環境の中での9年間があって。そこから少しずつ人と知り合って、色んなことを経験していく時代が始まって。今度の20周年記念ライブのセットリストを考えていて、菅野よう子さんプロデュース時代とそれ以降、前半10年と後半10年という言い方を便宜上してるんですけど、私個人的には15周年より前と、この5年は同じぐらいの密度かもしれないというくらい濃密でしたね。振り返ってみると、15周年は思った以上に大きな節目だったなと思いました。30代に突入したのもあるんですけど、結婚もそうですし、色んなことが自分の中でよりシンプルになっていた時代で。15年間で色々な殻を脱皮したのかな? 15周年を迎える直前ぐらいは、色々な葛藤やジレンマがあったんですけど、今は殻を剥き終わったゆで卵状態みたいな(笑)。すごく楽だし、楽しんでいるんですよね。もうスッキリと次の段階に向かえている状態で迎える20周年は、全然様子が違うなと思います。
:声優や舞台などのお仕事もある中で、音楽活動とのバランスはどのように意識されてますか?
坂本:デビューした16歳よりも前に演技を初めて、元々は役者に憧れてこの業界に入ったんですけど、歌詞を書いていることも含めて、自分のベースになっているのは音楽の表現で。役を演じる中で自分を忘れて何かになる楽しさがあるんですけど、改めて私はどう思うのか? 何を表現するのか? というのを与えられた役ではなく、自分から生み出していく別のエネルギーが必要で、音楽があって良かったと思うんです。ある意味、演じる役や日常の色んなことが全て音楽のネタ集めになっているような、音楽にフィードバックされていくような感覚がありますね。
:全曲の作詞・作曲を手がけたアルバム『シンガーソングライター』もありつつ、他のアーティストとの共同製作も積極的に楽しまれている印象を受けますが、『シンガーソングライター』以降に何か変化はありましたか?
坂本:一枚まるっと自分で作って歌うことで、全部そっちに行きたくなる可能性もあったんですけど、やっぱり自分は元々シンガーで、色んな楽曲と出会っていく喜びもあるので。音楽以外のことを続けているのもそうなんですけど、何かに偏り過ぎたくなくて。「これから先、自分の曲しか歌いません!」みたいになるのは嫌だったので、まずは積極的に他の人の曲を歌っていって、また自分のペースで曲が出来る時に作っていけばいいんじゃないかなって。発見としては、自分で作る曲は結構キーが低いという。自分の好きな声の幅って、意外に低い音域だったりすることに気付きました。
:今回のような両A面シングルは、曲ごとに異なるタイアップの世界観に寄り添った作品になると思いますが、CDが売れないと言われる時代に、シングル未収録のオリジナルアルバムや、コンセプトアルバム、シングルコレクションなど精力的にリリースされるのは、作品としての統一感を意識されているのでしょうか。
坂本:ある時は、幕の内弁当みたいに色んなシングルを敢えていっぱい入れることもあるし、逆にコンセプトアルバムみたいに世界観を確立したい時もあるので、ケースバイケースなんですけど、昔はシングルは入っていない方がいいと思ってました。普通、セールスのことを考えたら入れるべきなんですけど。ただ、私はシングルを入れたが故に、アルバムの世界観が崩れちゃうというロジックも一貫性が無いような気がして、どうなんだろう? と思うんですよね。15周年を迎える前後に、今後の目標はシングル曲を入れても、一枚のアルバムとしてちゃんと繋がっているものを作れるようになることだと思ったから、今はほとんどシングルを入れているんですよね。この先アニメのタイアップ曲が多くなってくると、すごく個性の強い曲もあるので、シングル曲を入れても「それも私」と言えるものを常に作ることが今、面白いですね。
920c81b3ffa1c76bf87a4f88346ea482.jpg
:偶然にも、今作の『幸せについて私が知っている5つの方法』がオープニングテーマに起用されているアニメ『幸腹グラフィティ』と、同日に発売されるエッセイ『満腹論』が“腹”繋がりですが、“食事”と“幸福”の関係性についてどのようにお考えですか?
坂本:食べることが好きだからこそ『満腹論』というタイトルの本を書いたんですけど、食べることは一番手っ取り早く人間が幸福感を感じる方法だと思います。動物は皆、食べないことには生きていけない訳で、好きでも嫌いでも、誰もが通らなければならない道だから、食が楽しい方が、人生が楽しいと思いますね。大げさに言うと生き方に通じてくるというか、食を大事にすることは、自分を大事にすることだと思うんですよね。体に良い物を食べたり、気持ち良いと思える場所で食べたり、笑顔で誰かと一緒に食べたり、そういう時間を作ったり。自分を大事に出来るかどうかって、実は食に現れる部分もあるんじゃないかと思って。『満腹論』を書いて7年目で、食を通して“価値観”と言うと大げさですけど、自分の生活の中で色々と通じる所に目を向けて書いてきたんです。全く偶然にも関わらず、今回同じタイミングで『幸腹グラフィティ』というアニメに出会って。原作は、ひたすら美味しそうな物が出てくる4コマ漫画なんですけど、主人公はずっとお婆ちゃんと暮らして教わった料理を作ってきて、今までは美味しかった料理が、お婆ちゃんが亡くなって自分一人のためだけに作ったら不味くなったという。そのことに危機感を感じて、誰かに食べさせたいという想いで、人間関係を育んでいくんです。私も料理が好きでよく作るんですけど、自分のためだけに作ると、いつも通り作ってもどうも味気ない物しか出来ないんですよね。精神的なものなのか、一人分だと量が難しいとか物理的なものなのか分からないんですけど、すごく共感できたんです。結局、食べるということは、栄養素を摂ったり、おなか一杯になるだけじゃなく、何を、どんな風に食べるかが大事なんだなと。食事の時間が充実してたなと思うことで幸せになったり、頑張ったからご飯が美味しいとか、色んな捉え方があると思うんですけど。味覚は人それぞれだし、どんな高級品でも嫌いな相手と食べると不味いかもしれないし、曖昧なものだと思うんですよ。だから、味がどうこうより、何をどうやって食べるかを大事にできる人生は、きっと幸福に繋がっているに違いないと思います。
:歌詞に「美味しい時は 美味しいって言おうよ」とありますが、気持ちを言葉にして伝えることの大切さを痛感しますね。
坂本:本当にそうですよ! どなたか作ってくれる方がいたら、毎日用意されていることが当たり前になっちゃって、「美味しい」って言わない日もあったり、「そんなの簡単じゃん」って思う人もいると思うんですよ。でも、年齢を重ねてみると、そんな単純なことがなぜか難しいと感じる瞬間があったり、大人ほど簡単なことを複雑にしてしまう人や、複雑にせざるを得ない状況ってあると思うんですよね。この曲は、そんな大人が聴いて、自分にとって何が本当に幸せなんだろう? と考えさせられる曲だと思います。
:先程、自分で曲を作るとキーが低いという話もありましたが、真綾さんの曲はキーが高い曲も多いですよね。この曲の大サビも結構高い気がしていて、下げようとは思わなかったんですか?
坂本:Rasmus Faberという曲を作ってくれた人は元々、私の曲を聴いてくれてた方で、今回で何度目かなんですけど、最初に作ってくれてたキーは、半音下だったんですよ。
:えっ、逆にキーを上げたんですか!?
坂本:そうなんですよ(笑)。幅がある曲なので、サビに一番気持ちいい所がくるには、って色々試してここに落ち着いたんです。次の曲の『色彩』もすごく高くて、私だったら明らかにこんなキーは作らないんですけど(笑)。それはそれで、人に作ってもらって楽しい部分でもあるし。もちろんボーカルは大事なんですけど、『幸せについて私が知っている5つの方法』に関しては全体で世界観を作っているような曲なので、ボーカルがある種楽器に徹しているというか、高くても張り上げて歌うような曲ではないので。私自身の体感的には高い、苦しいというキーではないんですよね。
71e843bd7f9fa26031ef1911f4b69bf8.jpg
:15周年を迎えた辺りから、人前に出てライブをする機会が増えているように感じます。レコーディングはある種、録り直しが効くものだったりしますが、ライブは一発勝負なので、その日のコンディション次第では大変そうだなと、他人事ながら思いました(笑)。
坂本:私、レコーディングの時に難しいと思った曲は、ライブでは全然大丈夫だったりするんですよ。レコーディングって、その曲と出会って一番日が浅い状態で、どんどん馴染んでいくので。よく「CDより良い」と言ってくれる人がいるんですけど、当たり前だと思うんですよね。今の方が上手く歌えるし、これから先の人生、もっと上手く歌えるに決まってると思うんです。
:良くも悪くも録音技術が進化して、ライブで歌わないアーティストも増えてきた今、頼もしい限りです(笑)。
坂本:音楽って、音程が合っているだけで良い訳ではないですけど、私自身はレコーディングで苦労した曲ほど、ライブの方が良かったりして。ライブでお客さんの前で歌うことで、色々分かった表現をもうちょっとレコーディングし直したいと思うぐらいなんですけど(笑)。人前に出て歌うことで、育ててもらっている感じもありますね。
:真綾さんにとって、良いライブだなと思うのは、どんな瞬間ですか?
坂本:どんなライブでも、始まる前って緊張してたり、「今日はどんなお客さんかな?」って探ってたり、色んな気持ちがあるんですよ。ライブ中も必死な形相で歌ったりもするので、「私すごい顔してるけど、前のお客さんゴメンネ」と思ってたりするんですけど、ある瞬間から全部どうでも良くなって(笑)。ただひたすら夢中になってしまえる時がやってくるんですよ。ライブって多分、格好付けなきゃいけない所もあるんですけど、如何に腹を割れるかなんかじゃないかと思ってて(笑)。「格好良い所を見せなきゃ」と思ってる内はまだ壁があって、「もういいや、これが私でございます」みたいな気持ちで、お腹を見せちゃった瞬間から、お客さんもグッと近づいてきてくれると言うか、壁を取り払った状態でお互いに向き合えている感覚に私としてはなるので。それがやってくるのが一番良いのかなと思います。
:ゲーム『Fate/Grand Order』の主題歌にも起用されている2曲目の『色彩』は、ヒロインの目線で作詞されたとのことですが、ゲームのストーリーやキャラクターに共感する部分はありましたか?
坂本:製作者の方とみっちり会議をして、どう歌詞にしたら良いか考えたんですけど、その時に「ヒロインは終わりが来ると分かっている物事に対して、なぜ今、頑張るのか?」というテーマがあると仰ってたんです。それはどんな人にも置き換えられることで、最後に死んじゃうのは皆一緒だけど、どうなるか分からない、何もかも失うかもしれないのに、何のために今、自分は頑張るのか? 時々むなしくなることってあると思うんですよ。私も結論は出ないけど、いつ来るか分からない最後にみんな向かっていて、いつ来るかわかんないけど、明日来てもいいと言えるぐらい、今日を頑張ってしまうのが人間なのかもしれない。それは自分でも共感できる部分だったので、そこから広げていきました。
:大サビに「私は女神になれない」という歌詞がありますよね。偶像崇拝的にアーティストとして、または役者として演じる役柄によって、世間からイメージを持たれることもあると思いますが、自分自身とのギャップを感じることはありますか?
坂本:昔は、結構ありました。本名で活動してるし、自分で歌詞を書くことも多かったし、10代の時から何かを装ってたつもりは決してないんですけど、若い時の方が自分の未熟さもあって、ファンの方が沢山いてくださったり、良いと言ってくださっても、それは私が思っている坂本真綾ではないような気がする、みたいな(笑)。みんなが褒めてくれる坂本真綾は、パッケージになっている坂本真綾で、本来の私かというと、そうじゃない気もするとか、色々思ったことはあるんですよ。坂本真綾というのが自分とちょっと離れていくような感覚もあって、「芸名とかにしとけば分かりやすく自分でもなり切れたのに!」と思った時期もあったんですけど、30過ぎてからはあまり無いというか。時々、自分が永ちゃん(矢沢永吉)なのかと思うくらい(笑)、「私はいいけど、坂本真綾はどうかな?」みたいな時はあります。「個人的にはアリだけど、坂本真綾的にはナシかな」とか。坂本真綾というものは、やっぱり音楽をやっている私であって、それがイコール私の人間性だとは思わなくなった、と言うと変だけど。そうであっていいんだけど、別に私が私小説を書いて発表してる訳じゃないし、受けた評価が全部、私個人への評価でもないという、一定の距離感を感じられるようになったんですかね。
be6346f7e0278fef794a2c14a32ecd4d.jpg
:「大切なものが何かはわかってる」という歌詞もありますが、真綾さんにとって“大切なもの”とは何ですか?
坂本:『幸せについて私が知っている5つの方法』もそうですけど、何を幸せに思うかって人それぞれだと思うんですよね。「あなたは、こうした方が幸せだよ」とかって簡単に他人には決められない問題じゃないですか。それを自分で知っていることが、幸せの秘訣なんだと思うんですよ(笑)。どうしたら幸せになれるのか知りたいし、知ってたらいいと思う。私自身は、人に「こうした方がいいよ」と言われてやったことは大抵上手くいかないので、納得して行動することが幸せかな?(笑)「他人に何言われてもいい」と書いていますけど、もちろん何か言われたら嫌な気持ちにはなるはずで。でも、そこじゃなくて、どんな状況であれ、自分がしたいと思うことをするべきだと思います。当たり前かもしれないけど、分からないことがいっぱいあるので、自分が何をしたいか分かっていることが、私にとって一番重要ですね。
:タイアップの無い3曲目の『君の好きな人』はある意味、素の真綾さんに一番近い曲とも言えるのではないかと思いますが、この決して叶うことのない切ない片想いは、実体験というより想像して書かれたのでしょうか。
坂本:特に実体験というわけではないですけど、曲が先に出来て、聴いた時にすごく綺麗な曲だと思って。でも、ハッピーな曲なのか、それとも切なくて悲しい曲なのか、どちらとも取れる不思議な曲で。ただ、すごく穏やかな曲だなと思ったんですよ。だから、どんな歌詞にするか色々考えたんですけど、この曲はサビのフレーズからだったかな? 出来ていって。自分もそうなんですけど、あまり人を恨んだり妬んだりして良いことって無いので、そういう気持ちを手放した方が静かな気持ちになれると思うんです。恋愛ソングって、失恋の歌とか色々あるけど、悲しいだけじゃなく、人を好きになるのって、本当はそれだけで幸せなはずなのに、そこに色々見返りを求めた時に悲しくなっちゃんですよね。でも、そうじゃない所で、どうやったら恋って終われるのかな? と思って書いてみました。
;今回の3曲は“幸福”をテーマに繋がっているんですね。
坂本:そうですね。このシングルもそうですけど、常にどこかで根底にテーマとして持っている所はありますね。音楽は人を不幸にするものじゃないと思うし、なるべく良い気持になって欲しいと思うんですよね。“幸福感”って何かを作る時、常にキーワードに上がってくるんですけど、特に今回は2015年の最初のリリースで、20周年も迎えるし、良い気分でスタートしたいのもあったし。2つの作品と、ノンタイアップの私自身のパーソナルに一番近い曲と、3曲それぞれ様子が全然違うものを1枚にまとめるので、一つのキーワードを決めて向かっていくとすれば“幸福感”。それがジャケットやPVを作る時にも良いヒントになっていきましたね。
:すでに20周年記念プロジェクト第1弾と第2弾が発表されてますが、第3弾以降も、やりたいことは固まっていますか?
坂本:元々あまり長いスパンで人生を想像したことがなくて。孫(正義)さんは7年だか10年だか先の未来を具体的に想像しろと言ってたんですけど、やろうと思っても全然できないんですよね。せいぜい1年ぐらい先のことまでは考えてますけど、先々のことを考えないというよりは、漠然とした予感だけはあります(笑)。15周年の時は、1年を通して沢山のことにチャレンジして、集大成感を見せなきゃいけないと思って、この1日で私は終わってもいいというぐらいのエネルギーで武道館でライブしたんですよ。でも、20周年は通過点という感覚もあるし、完璧でなきゃいけないとも思わないというか、集大成みたいなものは特に無いという(笑)。20年も一つのことを続けられるのって確実にラッキーなので、ファンの方だったり、色んな人の力を借りてやってきたことに、お返ししたいという気持ちがあって。どれだけ自分がラッキーなのかを噛みしめる1年になるんでしょうね。そこから先も分からないけど、何か良い予感のする方へ向かって行くということは考えてます。でも、25周年はやりたくないですね。5年刻みだと身が保たない。この間15周年やったばかりなのに、次は30周年でいいんじゃないかと思います(笑)。
4b40c15d9e99dc2f88672bd7343f2098.jpg
:15周年の武道館からスケールアップして、さいたまスーパーアリーナでの20周記念ライブ“FOLLOW ME”に向けて、今から考えてることはありますか?
坂本:大きいなとは思うんですけど、この5年積極的にライブをやってきたので、5年前よりも今の方が、ステージの上にいる自分がより想像できるんですよ。20年もやってくると、色んな世代の色んな人が、この1日に記念だからということで来てくださるんじゃないかと思うんです。どんな人が、どんなタイミングで私とすれ違ってくれたか分からないけど、みんなが楽しめるようなライブにしたいなと思うし、来たいと思った人がみんな来れたらいいのにな、という気持ちでもあります。
:“FOLLOW ME”というタイトルが珍しく強気だなと気になりました(笑)。
坂本:そう思われちゃうなと思いつつも、ジャンヌ・ダルクではなく。もちろん「付いて来い!」という気持ちも無くはないですけど。『Follow Me!』というすごく好きな映画があって、探偵が尾行している話なんですよ。ずっと距離感を保って、ただ観察しているだけで。最終的にはその人とものすごく心が通じ合って、絆が生まれてくるんですよね。長年やってきて、ずっとあったファンの方との関係って、一人一人会って話したことあるかと言われたら、そんなに無い訳で。でも、向こうはすごく私のことを知っているような気がして。それが一時期、怖いと言ったら変ですけど、「坂本真綾は、そうじゃないかもしれないじゃん!」というのを一々言いたい時もあって。その時期も乗り越えて今は、知っているようで会ったことが無いような不思議な関係の中で、私を見るように、みんなきっと自分自身のことも見ていたんだと思うし。私にとっても、どこの誰かはっきり分からないながらも、誰かがずっと付いて来てる気配を感じながら、20周年やってこれたと思うんです。この不思議な距離感だけど、すごく大事な、お互いに確認し合うような感覚を続けていきたいよね、という気持ちもあって。みんなに付いて来て欲しいし、私も振り返りたい、振り向きながら行きたいという感じなんですよね。
:フォロワーというか、LINEの場合は友だちと呼んでますが、真綾さんは今までSNSをやられてこなかったので、公式アカウントを開設いただけたのは正直意外でした(笑)。
坂本:(笑)。正直、LINEを使ったことが無かったので、どういうものなのか、という所から説明してもらったんです。友だち追加してくれた方が見るという、不特定多数のTwitterやFacebookとは違う部分もありますし。Twitterは文字数制限があると、色んなことを端折らなきゃいけなくて。端折るって、表現にとって一体何の意味があるんだろう?という気持ちがあって苦手なんです。私は携帯サイトでブログみたいなものをやっているんですけど、それも含めて、基本的にはお仕事の情報を発信していくツールとして考えているので、LINEで「私が今日、何食べました!」みたいなことは無いですけど。LINEは今一番、情報がダイレクトにリアルタイムで繋がっていくので、実際にやってみたら、すごく便利で。今はプライベートでも普通にLINEを使うんですよ。しかも、かなり能動的ですけど、自分のスタンプを作りたいなと思ってます(笑)
:イラストを描かれるんですか?
坂本:もう落書きみたいなヤツなんですけど。クリエイターズスタンプは誰でも作れるから、きっとみんな自分らしい、自分に一番ピッタリくる気持ちを表現したい訳ですよね。活字だけだと、なんか嫌だなと思った時に、気分を伝える方法としてスタンプがあって。私はそういったツールに抵抗があるので、活字ばかりになっちゃって、どうも自分の気持ちを上手く伝えにくいと言うか。仕事のメールだと「了解です」とか「OKです」ばかり、やり取りしちゃんですけど、申し訳無いなという気持ちもあって。LINEでスタンプを送った方が優しそうに見えますよね。
:普段どんなスタンプを使われてますか?
坂本:みんなに「変なスタンプばかり買ってるね」と言われるんです。元々、可愛い物がそんなに好きじゃないので、ちょっと気持ち悪い物ばかり。劇画チックな、黒いペン一本で描いたようなリアルな人の顔の「Terry’s Watching People」とか、やる気のないパンダの「てきとーパンダ」とか、すごく売れてる関西弁の「続・アメリカンポップ関西弁」とか、アグレッシブに踊りながら「了解です」と言っている「華麗なる了解」とかをマネージャーさんに送ってます。
:今度、公式アカウントでも使ってみてください。
坂本:はい。このインタビューが載った頃に使ってみます(笑)。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。