上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の中ではそれぞれGOINGTOTHEMOONと風待ちが最大のヒット

150101_tg_187ir6ior6or676or7r67lk7lwk45w5yy455uw.jpg
http://realsound.jp/2015/01/post-2147.html
ともに97年デビュー、変わり続ける音楽シーンの中で独自のスタンスを守りながらサヴァイブを続けてきたTRICERATOPSとGRAPEVINE。デビュー当時はライバルと目されたこともあったが、いまや互いに認め合う関係となった両バンドのフロントマン、和田唱と田中和将の特別対談が実現した。
 TRICERATOPSは『SONGS FOR THE STARLIGHTS』(12月10日リリース)、GRAPEVINEは『Burning Tree』(1月28日リリース)と、新たな環境での新作を作り上げた両者。前編となる今回は、お互いの出会いやルーツから音楽シーンの変化、そしてバンドを続けてきた原動力を語ってもらった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。