上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年にバレが復活しなければ取れてたんだよなぁ…

t-ichimen8e56r6i7ororoor6767ll5wk4w5wuw5iw4kw.jpg
http://www.hochi.co.jp/giants/20141210-OHT1T50239.html
巨人・阿部慎之助捕手(35)が、優勝旅行先のハワイに到着後、さっそく自主トレした。ホノルル市内のグラウンドで、V旅行中では自身初となる打撃練習を敢行。8日に原監督から3冠王の夢を託された主砲は「可能性がゼロじゃないから、そう言ってくれているんだと思う」と実現に意欲。来年2月のキャンプまでに“3冠王打法”を固める考えを示した。巨人ナインを乗せたチャーター機がホノルル国際空港に到着してから、わずか4時間後。強い日差しが照りつけるグラウンドにバットを手にした阿部がいた。「いい汗をかけば自分が納得できるから、良かった」。ランニング、キャッチボール後にロングティー打撃を約80球。玉峰打撃投手が練習パートナーにつき、報道陣が球拾いを手伝うなか、“超速始動”で充実の汗を流した。過去の優勝旅行では、ランニングなどで体を動かすことはあったが打撃まで行うのは初めてだ。使用した球場は無料。内野の芝は整備されておらず、草野球も行われる場所で、センター方向中心に黙々と打ち返した。「投げられて、少し体を動かせればいい」。一塁にコンバートされ、成績を残せなければ引退も辞さない覚悟で臨む来季へ、ただならぬ決意がにじんだ。
 8日、都内で行われたイベントで原監督が「僕の来年の初夢は慎之助の3冠王」とコメントした。過去、阿部が最も近づいたのが首位打者、打点の2冠に輝いた12年だが、本塁打王のバレンティン(31発)には4本差をつけられた。「12年超え」という高いハードルを設定されたことについて阿部は「可能性がゼロじゃないから、そう言ってくれているんだと思う」と2度、繰り返した。異例とも言えるハイペース調整で、指揮官の夢を正夢に変える。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。