上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊坂本真綾みたいな感じだな(適当)

news_xlarge_Mai-K_hyo1_web7e6eeiie56k56ke56k6wk45w.jpg
http://natalie.mu/music/news/131476
倉木麻衣のデビュー15周年を記念した雑誌「WHAT's IN? Mai-K」が本日11月17日にエムオン・エンタテインメントより刊行された。本誌の巻頭では、最新フォトやロングインタビューからなる特集を展開。さらに2000年からこれまで音楽雑誌「WHAT's IN?」に掲載されたインタビュー、本人コメント、ライブレポート、レビューなどもまとめられている。
巻頭のインタビューで倉木はベストアルバム「Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-」の話題を中心に15年のキャリアを振り返っている。ここでは「ちょっと変わってた子だったのかなっていう(苦笑)。学校に行ってもあまり友達と話さない、音楽に籠もる、みたいな」と学生時代のエピソードを語っているほか、初ライブについては「目線をどこにやっていいのかわからなくて、とりあえず非常口っていうランプをずっと見つめて歌ってた」とコメント。さらに「今振り返ってみると、ホントに歌一本で迷いないままこの15年生きたかなっていうのはありますね」と現在の気持ちも述べている。なお倉木のYouTube公式チャンネルでは、倉木麻衣と「LINE 倉木麻衣なりきりコンテスト」で集まった約100人の“なりきり倉木麻衣”によって行われた大合唱の様子が公開されている。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。