上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

news_header_tokiasako_art2014108e658e5ie6kek5k4w5w.jpg
news_xlarge_tokiasako_jkt8e56ie656e5lk6k4wk55w4j.jpg
http://natalie.mu/music/news/128968
土岐麻子が11月19日にカバーアルバム「STANDARDS in a sentimental mood ~土岐麻子ジャズを歌う~」をリリース。本作に土岐と細野晴臣のデュエット曲が収録されることが明らかになった。土岐と細野は本作でブロッサム・ディアリーの1991年のクリスマスソング「Christmas in the City」を歌唱。この曲の伴奏はピアノ、ハモンドオルガン、そして彼女の実父・土岐英史によるソプラノサックスで構成されている。彼女は今回のオファーにあたって「細野さん以外に考えられなかった」とコメントしている。2人の歌がどんな仕上がりになっているかお楽しみに。なお彼女は「TOKI ASAKO 10th ODYSSEY ソロデビュー10周年 感謝祭!!」と題したソロデビュー10周年記念ワンマンを東名阪で実施。演奏メンバーは矢野博康(Dr)、鹿島達也(B)、奥田健介(G / NONA REEVES)、伊澤一葉(Key / the HIATUS、あっぱ)で、ツアーファイナルの東京公演では土岐英史もゲストとして登場する予定だ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。