上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってないけど載せる

http://ro69.jp/quick/rijfes2014/detail/106857
u568e56ei56ie6ie56i664wuw455w4u5w4y78e65ei5656ke56kkw4w4.jpg
e68e566e56e5e5ie56ei56jw4w45yw455w45w4775w4uw45iuiwwjqq.jpg
u8e568eie56i5ie564wuu34qyq3434q465w4w455u4uiw45i4jq3q.jpg
8e56eieie566e5k6ju34y34q645w7w7w5w84uiw5iw45ju3q4y34uq.jpg
w54uuw45u5w455w4y234q64567w5755w4iw45iw4545h3q3y4y3uq.jpg
さあ、ひたちなかは陽が傾く時間帯ではあるが、ここで熱を冷ますわけにはいかない。いや冷ますわけがない。ぎっしりと詰めかけたハラペコを迎え撃つマキシマム ザ ホルモンが、ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)によるほぼ絶叫に近い煽り文句からパフォーマンスをスタートだ。さっそく“シミ”の猛チャージをかましてオーディエンスをジャンプ&ダンス地獄へと叩き込むと、“便所サンダルダンス”ではダイスケはん、マキシマムザ亮君 (歌と6弦と弟)、そしてナヲ (ドラムと女声と姉)によるお腹いっぱいなヴォーカル・リレーが決まる。ここで、「さっき、Dragon AshのKj君が、今日このステージに3つしかロック・バンドがいないって言ってたけど。冗談じゃないよ。我々、そんなつもりでここに立っておりません! アイドル面して立っております!」と言ってのけるナヲであった。楽曲がカオスならMCもカオス。辺り一面に合掌が翳されるロック魔境、“maximum the hormone”へ皆さんようこそ。
そして亮君の“鬱くしきOP~月の爆撃機~”熱唱から連なるのは、もちろん“鬱くしき人々のうた”だ。日本には、こんなにも痛快で破天荒な鬱ソングがあるということを、一人でも多くの人に知っておいて欲しい。ひとしきり他のアーティストをいじりつつ、自虐ネタも振り撒くダイスケはんのMCに続いては、ファンキーな爆発力で迫る“アンビリーバボー! ~スヲミンツ ホケレイロ ミフエホ~”が、上ちゃん (4弦)のプレイと共に耳にこびりつく。そこから強力なグルーヴを加速させるヘドバンの嵐“ぶっ生き返す!!”を経ると、何やら神妙な面持ちで4人はハグしたり円陣を組んだり、ダイスケはんとナヲで何かを言い淀んだりしながら「我々マキシマム ザ ホルモンこの8月2日に、重大な決断をしました……」と語る。まあ、多くのホルモン・ファンはニヤニヤしながら観ていたことと思うが、何のことはない、フェイクを入れた演奏曲の前フリである。「お前らのびしょ濡れのTシャツが乾いたら、シオ吹くやろ。男も女も、シオ吹けやひたちなかーっ!!」と“my girl”に向かうのだった。
そして“メス豚のケツにビンタ(キックも)”も叩き付けると、残り時間も迫っているということで説明なしの「恋のおまじない(座るバージョン)」一発勝負。みっちみちに埋まったGRASS STAGEではこれだけでも一苦労だが、見事成功させて最後には華々しく“恋のスペルマ”が炸裂。言い難いことを言い、歌いにくいことをでかい声で歌う。これがロックでなくて、何だと言うのだ。(小池宏和)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。