上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってないけど載せる

ro69.jp/quick/rijfes2014/detail/106856?rtw
8e6i5ie56ie56ie6ekwuw45uwu345yw45yw47w75uw4iw45iw45u3qyq.jpg
yy6ueiw4iw45uuw545u5h3q465w477w547w57wu5uwi45q3u34q4y3q.jpg
w457i6u6w44jwjw4545ww45hw5yw457w45ui45454j35q334y34q3qu3q.jpg
uw46ue5ieiie56i56ei56kkw4uw45w54yw54457568e5iie56ew45w445.jpg
dru6e5i6ie56i56ee56kw455w55w4y5yw4wy45w45yuw45u5uw4554yyww.jpg
BuBk-DQCIAAc2Lm8566e55e6oe566o6w45uiw4.jpg
15周年のROCK IN JAPAN FESTIVALで、15年連続のメインステージ登場。まさにひたちなかの顔役=「THE FACES」と言えるDragon Ashである。開演時間を迎えると同時に鳴り出す、ゆったりとしたブレイクビーツのイントロ。姿を見せたメンバー達も、辺り一面のオーディエンスも、一様に両腕を大きく広げて手を打ち鳴らし、Kj(vo & g)が優しく爪弾かれるギターと共に歌い出すのは“陽はまたのぼりくりかえす”だ。じわりと熱いものが込み上げる一幕から、走り続けるバンドの姿を映し出す“The Show Must Go On”へ。ステージ後方、ATSUSHI(dance)とDRI-V(dance)が華麗に舞う高台には、そのタイトル・ロゴが記されている。「台風も、ROCK IN JAPAN FESTIVALを中止には出来なかったみたいだなあ!!」と声を上げるKjは、まだまだ暑い真夏の陽射しが降り注ぐ中で“Run to the Sun”の爆走へと向かってオーディエンスの高らかな歌声を誘い、お馴染みのサポート・メンバーKenKen(b)の力強いベース・ラインが牽引する“Blow Your Mind”へと連なるのだった。
重量級トロピカル・グルーヴを練り上げる“CALLIN'”で楽々とコール&レスポンスを誘い、誰一人として逃さない炎天下のステージは、KenKenの猛烈なスラップショットから“The Live”の高速ラップと前のめりなダンスに傾れ込んでゆく。そしてYALLA FAMILYの面々を迎え入れ、ひたすら情熱的なマイク・リレーを繰り広げるのは“Still Goin' On”である。現在進行形のDragon Ashをありのままに描き出すことで、15年連続出演の貫禄まで受け止めさせてしまっていた。ここでKjは、子供の頃から楽器を手に取って、ロック・バンドとしてこのステージに立つことの誇りとこだわりを切々と語り、“百合の咲く場所で”の激流のようなサビへと向かおうというとき「お前ら、肩組んでみな。知らない奴と、肩組んでみろよ!」「どうよ! 気持ちいいだろう!? お前らみたいな奴がいる限り、ロック・バンドは無くならないからな!!」と、熱の籠った言葉を投げ掛けるのだった。
そして「ミクスチャー・ロックは好きですかーっ!?」の決め台詞から放たれる“Fantasista”の狂騒から、サウンドが鮮やかに咲き乱れるような“Lily”ではオーディエンスに歌声を預け、まるでビートそのものが語り出すような桜井誠(dr)のプレイに導かれる感涙のクライマックスは“Curtain Call”。楽しく踊れるだけじゃない、素晴らしい歌や音が聴けるだけじゃない。Dragon Ashが立つひたちなかには、いつも何か、大きな約束のようなものがもたらされるのだ。(小池宏和)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。