上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず音楽その他カテゴリで。

news_header_ADS_62187e65856e55i6ie5656eke56kw45.jpg
news_xlarge_ADS_60647e6e5eie6ei656e56k4wi5w45w4.jpg
news_xlarge_ADS_60178e568e58e56i66i5ooe56k64w4w545w.jpg
news_xlarge_DSC_35238e5685e86e855656eioe56wi455wi4.jpg
news_xlarge_ADS_59568e568e8e56e656ooe56w44wi5iw54.jpg
news_xlarge_ADS_60088e68e5886r97ro7o4wiw4i5w.jpg
natalie.mu/music/news/121694
南波志帆が昨日7月21日、埼玉・西武ドームにて行われたプロ野球公式戦、埼玉西武ライオンズ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦のオープニングに登場。始球式のピッチャーを務めた。これは南波が現在開催中のPARCO「グランバザール」のCMソングを担当したことがきっかけで実現したもの。南波はCMキャラクターの「パルコアラ」とともにグラウンドに上がった。始球式への出演が決定して以来、何度も練習を重ねて「肩を仕上げてきた」と豪語していた南波は、球場入りすると本番が始まるまでのわずかな時間も西武ライオンズ・永江恭平選手を相手に入念に投げ込みを繰り返す。ちなみに永江選手は南波と同じ1993年生まれで、同じ九州の出身だ。ライオンズのユニフォームに白いグローブ、パルコアラとお揃いの耳を付けてマウンドに立った南波は、ワインドアップポジションでゆっくりと腕を振り上げるも、うまくタイミングが合わなかったのか、途中で投球を止めてしまう。ルール上はボークとなるが、南波は人差し指を立てて「もう1回」と再投を要求。改めて大きく振りかぶると、白球は打者の楽天・松井稼頭央選手の背中側へと逸れたものの、見事ノーバウンドで西武・炭谷銀仁朗捕手のミットに収まった。この始球式の様子はパ・リーグの動画配信サイト「パ・リーグTV」にアップされているので、気になる人はぜひチェックしてみよう。また南波は試合開始前、西武ドーム正面の特設ステージにてミニライブを実施。野球ファンを前に「少女、ふたたび」「髪を切る8の理由。」「MUSIC」の3曲を披露した。なお南波がテーマソングを歌うPARCO「グランバザール」のCM映像は、PARCOオフィシャルサイトでも観ることができる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。