欲しいwwwwwwwwwwwwww

13i8ei65iei56ee56k44w58e569e5eoe6oe565okw4kw45kw4.jpg
586884868e56856ie566ei5oe6oe56loekw4wk45k5w4w4k.jpg
8ue568ei6i6ikw4w455jw45w45uu666e85iie56i566e5kw4kw.jpg
img57313428ie5685i56i56eeooe56e56le56kw4k4wkww.jpg
http://isumu-shop.jp/
http://isumu-shop.jp/isumu/7.1/tc3504/
http://item.rakuten.co.jp/torinosubako/mrt-tc3504/

わずか18センチの中に総パーツ数は18を数え、シリーズ中最も精巧な組み立てを要する。 最大の特徴である、口から放たれた6体の阿弥陀仏は素材選定から厳選。わずかな誤差も許されない緻密な作業により、空也の魂までも迫る造形が完成。 職人が持てる技術のすべてを注ぎ込んで完成した、イSムシリーズ初の肖像彫刻。 モデルは重要文化財「空也上人立像」。 疫病が流行していた平安時代、人々の救済のため空也が建てた寺に、空也の死後安置された。名仏師運慶の四男である康勝(こうしょう)の作と伝えられる。生きているかのように細部まで造りこまれ、“人民救済”と“救いの祈り”に生きた空也の精神性までもリアルに写し取る、鎌倉時代の肖像彫刻の傑作。空也は平安時代に活躍した僧侶で、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えて民間の人々の救済に尽力したことから市の聖(いちのひじり)などと呼ばれる。民間浄土教の先駆けとして有名だが、出自には謎に包まれている。
スポンサーサイト