上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースZEROで流れてるの聞いたけど結構好き。でもアケカスのなんとかっていう曲みたいな素人のPV大量作成してるのは嫌い。

8e6e5ieike56kw44wk5jw45ju8e6556i56i5ie56kw4kw4.jpg
happy1ie65ie5ik65ek56e56k4www45w45w4j5kk5kw45.jpg
pharrell-happy-028e6e5oe6oelekw4ki4iei65k6lekl56.jpg
Pharrell-happy-04e569eioei56ie56k4wk4wkw4kw.jpg
3022066-poster-p-1-happy-24-hours-music-video.jpg
http://natalie.mu/music/news/115634
世界的ヒットを記録しているファレル・ウィリアムスの楽曲「Happy」の日本版ビデオクリップが5月に公開予定。このPVの監督をファレルの旧友であるNIGOが務め、NIGOと親交が深い日本のアーティストたちが出演していることが明らかになった。「Happy」は本日4月30日に日本盤がリリースされた、ファレルのニューアルバム「G I R L」のリード曲。世界175カ国のiTunes Storeチャートで1位を獲得し、本国アメリカではBillboard Hot 100シングルチャートで9週連続1位を記録するなど世界的なヒット曲となっている。また、同曲の公式PVはYouTubeでの再生回数が2億1000万回を超え、ファンによるオリジナルビデオも130カ国以上から1500以上の作品がWEB上に公開されている。NIGO監督による「Happy」の日本版ビデオクリップには、VERBAL(m-flo)、氣志團、久保田利伸、コブクロ、スチャダラパー、DJ LOVE(SEKAI NO OWARI)、DEXPISTOLS、TERIYAKI BOYZ、NAOTO(EXILE、三代目J Soul Brothers)、BiS、槇原敬之、MATSU(EXILE)、若旦那といったアーティストに加え、井浦新、ふなっしー、水原希子、小木“POGGY”基史(ユナイテッドアローズ)、オカダ・カズチカ、中邑真輔(以上2名新日本プロレス)など各界の著名人が出演。ファレルを深くリスペクトするNIGOの盟友たちが、どのようなPVに仕上げているのか楽しみなところだ。なおファレルは5月にプロモーションで来日することも決定。彼は日本について「俺にとってとても特別な国」「もっとも謙虚な文化を備えている国のひとつ」と語っている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。