上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らC

G20140323007831220_view856ei5ie5k56ek56j655e65keke56.jpg
G20140323007831230_view8e56e5ie56i5e6k5k65k5665je.jpg
gia14032405060001-p37w457w4u5uw45uw455w4jj4w454jw.jpg
gia14032405060001-p487e56ieii66k5k5e6k5e6e5j6e5j6.jpg
gia14032405060001-p98e568ii566e56e5k6e5k6e55ej65je6.jpg

http://www.sanspo.com/baseball/news/20140324/gia14032405060001-n1.html
東京ドームで開催された巨人-日本ハム前に、約1年ぶりの“ON共演”が23日、実現した。球場正面の22番ゲートに設置されている、「長嶋ゲート」「王ゲート」がリニューアルを終え、長嶋茂雄終身名誉監督(78)と王貞治ソフトバンク球団会長(73)が除幕式に出席した。1981年から後楽園球場に設置されていた両氏のブロンズ碑に黄金のバットと月桂樹のレリーフを新たに組み合わせ、モニュメントを製作。現役時代をほうふつさせる「動の長嶋」「静の王」をテーマにした縦3メートル、横2・2メートルの巨大レリーフも完成した。2人がファンの前で顔をそろえるのは、昨年5月5日の国民栄誉賞授与式以来となった。ミスターはヘルメットを飛ばしながら、豪快にフルスイングする姿が描かれたレリーフに「これは三振のシーンだね。腰が回って、思い切ってスイングしている。あれが僕の代名詞のスイングだ」と満面の笑み。一本足打法の王氏も「春の光に当たって、より素晴らしい印象。一生懸命にやってきてよかったな、と改めて思う」と笑顔を見せていた。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


  Copyright ©ぷゆゆ~わ~るど! All Rights Reserved
Original Designed by 高密度商業地域
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。